諸橋工務店TEL0120-44-2392/FAX0250-22-8427
社長の念い
2018.11.30 Fri

会長の念いvol.17

《業者さんへのメッセージ》
皆様今月もありがとうございました。
今月も仕事に業者勉強会そしてお引渡し式等、様々ご協力やご参加頂き誠にありがとうございました。
そのお陰もありお施主様や地域の方々から喜んで頂いていると感謝しています。
今後もご協力をお願いしたいのですが、さらに安定して仕事を地域の皆様から頂けるにはどうすれば良いでしょうか?
個々の力を向上させる、チーム力を上げる等、様々あると思いますが現場安全パトロールの際の指摘事項がなくなる、

業者勉強会や安全大会や新年会に多くのチームモロハシの皆様が参加してレベルアップする、

お引渡し式等で関係者の皆様がお施主様に感謝を伝える等あると思います。
10月の業者勉強会で「この様な業者勉強会に参加している皆様は素晴らしい」という声もありました。
どうしたらもっと皆が幸せになれるか考えてみませんか!
今後共チームモロハシとして一緒に頑張れることを願っています。
宜しくお願い致します!

《社員さんへのメッセージ》
皆様今月もお疲れ様でした。
先般8年ぶりくらいに腑に落ちてスッキリしたことがありました。
詳しく説明すると時間がかかりますので、要点をお伝えさせて頂きます。
弊社では10年程前に会社や私生活等をティーチングスタイルからコーチングスタイルに変えたほうが

個々や会社全体としての成長やトラブルの減少にも繋がり良いと考え、皆様からもコーチングの勉強をして頂いて来ました。
ティーチングは指示する、教えるという感じですし、コーチングは相手の方の意見等を受容し、その方が自ら考えて問題解決や

成果を上げるように導くというようなことです。
そんな事で始めていたはずなのにすっかり忘れていたように思います。
ある方から指摘されて、私はほとんどティーチングをしていたと気づきました。
会長がそうしていれば社長もスタッフも同じようなことをしているし、お客様に対しても同じだと言われハットしました。
お客様が気分を害してしまったケースなどを聞くと、担当者はなんで気づかないのか?と思っていましたが・・・。
私も同じようにティーチングを、時にはティーチングが過ぎてパワハラ気味になっていたかもしれないと気づき反省です。
緊急時やすぐに判断が必要な場合などはティーチングで良いと思いますし、全てコーチングで対応など出来ないと思いますが、

ベースはコーチングでのコミュニケーションの方が上手く行く場合が多いと感じています。
今後共宜しくお願い致します。